お知らせ/尾形医院/栃木県塩谷郡塩谷町

尾形医院

大腸CT検査について

0
    今月末に新規導入となるCTには多彩な機能があります。その一つが大腸CT検査で、内視鏡を使わない大腸検査法です。大腸を炭酸ガスによって拡張させ、新型のマルチスライスCT装置を用いて撮影することで大腸3次元画像を簡単に得ることができます。この大腸CT検査はCTコロノグラフィ検査、仮想大腸内視鏡検査(ヴァーチャル大腸内視鏡検査)、大腸3D-CTとも呼ばれており、内視鏡検査と比較して苦痛が少ないと言われ、短時間で検査することが可能です。
    大腸癌の検診は一次で便潜血反応を行い、陽性者は二次検診となります。一方、癌の死亡率のうち、大腸癌は女性では第1位、男性では第3位になっており年々増える傾向にあります。これは食事の欧米化によるところが多いと言われていますが、もう一つの原因は二次検診(精密検査)の受診率が低いことにあります。その理由は、痛みが伴う、恥ずかしい、時間がかかる等だそうです。これらの理由を取り除くことが大腸CT検査では可能となります。大腸癌は早く見つければ決して死に至る病気ではありません。
    当院では10月中頃より、この検査が実施可能となります。どうぞお気軽に相談ください。

    CTスキャナ入れ替えに伴う工事についてのお知らせ

    0
      開院以来使い続けていた東芝製TCT-300もいよいよお払い箱となり、最新鋭のAlexionに入れ替えることになりました。新しい機種は、撮影スピードや臨床的有用性などの面で高い評価を得ている東芝製の16列マルチスライスCTです。 新機種入れ替えに伴う工事が、9/25(水)〜10/1(月)の一週間の間、外来CT室およびその周辺で行われます。つきましては患者さんにはご迷惑をおかけすることになりますが、ご理解のほどよろしくお願い致します。 

      1